残業残業

two dogs

当初働いていた病院での配属は急性期病棟で仕事内容は大変ハードな場所でした。
看護師として働くにはとても自分の勉強にもなったし、先輩方も厳しかったけど早く一人前になれるようにと一生懸命指導もしてくれました。教育体制はとても充実していて、キャリアアップのために当院へ転職してくる看護師もいるほど、学ぶという面では恵まれた環境にあったと思います。
しかし、積み重なる業務と残業の日々が続き、帰宅時間も毎日日勤では9時や10時が当たり前。晩御飯を食べる気力もなく眠りにつくこともありました。

あるとき、日勤を終えて先輩方と帰宅する際に、日勤の終わり頃に急変された方のご家族が遠方から駆け付けたところに渡り廊下で会ってしまい、先輩方が「戻って対応しよう」と言い出して新人の自分だけが帰るわけにはいかない状況になりました。
準夜勤のスタッフも通常の業務でバタバタしていたので、結局、日勤の私たちが家族に対応し、患者さんを看取り、すべてのお手伝いをし、お見送りまですることに。
帰る頃にふと時計を見たら、日付を超えていました。帰宅するための終電まで逃してしまうことになり、本当に疲労困憊な思いをしました。

日勤だけでなく、準夜勤でも勤務の合間に急変があった場合は残って手伝わなければならないといった風潮があり、本来なら深夜1時半には帰宅できるはずが、帰る頃には朝陽を浴びていた、という日も数えきれません。その頃によく会っていた同じ大学を卒業した友人からは、「最近表情が暗いよね」と言われることもあり、上手く笑うことができなくなっている自分に気づかされました。

仕事も2年目になり、学生時代からお付き合いしていた人と同棲を始めて、結婚も意識するようになりました。新人の頃よりは仕事にも慣れましたが、それでも残業ばかりの毎日を変わらず過ごしていました。同棲していた方とも、生活時間のすれ違いが多く、家事もおろそかになってしまいがちでいろいろと負担をかけてしまっていたと思います。このままでは、自分の身体も壊しかねないし、重症度の高い患者ばかりの病棟では精神的にも負担が大きい。結婚して、子供ができたとして、この職場では家庭と仕事を両立していくことは不可能だと感じるようになりました。

実際、同じ病棟内には結婚されている先輩はいましたが、子供を育てながら働いている人は一人もいなく、子持ちの看護師は外来へ異動するのが当たり前、もしくは他の病院へ転職か退職するという選択肢しか残されていないというのが現実でした。
それなら、いっそこのままここで働き続けるよりも、自分に合った職場を探して働いたほうが今後の将来のためになるのではないかと思い、まだ2年目で経験も浅かったため退職ではなく、転職することに決めました。

夜勤をやめたこと

awesome!!

総合病院の看護師という職業は、夜勤がつきもの。それはを承知の上、この仕事を選びましたがこんなに夜勤が大変で、夜勤なしがいかに楽かということを、夜勤なしの仕事にうつって身をもって感じたことを書かせていただきます。

まず、学生結婚をしたため看護師になっていた時点で仕事と家事を両立しなければいけないというリスクがあったこと。

同期は皆独身で、実家通いなどして働いていたので、夜勤になっても家のことを気にせず仕事に没頭できたと思います。ですが、私の場合は主人と当時二人暮らしでありましたが、自分が家にいる時間(出勤をする前に)に主人の夜食、朝食などを作ったりし、家の掃除や洗濯も全て私がやっていたので家でゆっくりできる時間というのはほぼありませんでした。

自分が結婚しているこの環境は仕方ないことであり、同僚には全くもって関係のないことなので、職場で家庭の悩みを発することもせず、心にしまい込んで働いていたので精神的に辛かったです。

主人は主人で医療関係とは異なる、ごく一般的な企業に勤めており、土日祝日が休みでしたので私とほとんど休みがかぶることはありませんでした。一言でいうとすれば「すれ違いの生活」でした。それを理解したうえで結婚をしたけれど、実際一緒に住んでみて思ったことは、新婚なのに新婚さんの雰囲気が全くなく、お互いが疲れ切っていた感じでした。「明け」後の帰宅はとてもつらく、仕事も大事だけれどやはり家庭が一番大切なので「すれ違いの生活」を打破するには、夜勤なしの仕事に就く(転職)事だろうと思い、当時の総合病院を3年目にして退職しました。退職をして少し専業主婦になり、新婚夫婦を味わえる時期がきてから子供が出来て、出産を経て子供が小学校高学年になって私も自分のスキルを活かしたいと思っていたので、近所の内科クリニックへパートとして採用してもらいましたが、いつ休めるかがあらかじめ決まっているので肉体的にも精神的にもとても楽です。

夜勤がある仕事は看護師のみならずとても大変だと思います。
女性は特に年齢を重ねるにつれ、夜勤で働くことで生活のリズムを崩して自律神経をきたしてしまう人も多いと聞きます。また、夜働くことは女性ホルモンにも影響し、乳がんのリスクを高めるという報告も上がっている程です。私は夜勤でそこまで自分の身体を酷使していなかったのですが、夜勤の仕事に就いて、自分の生活スタイルと両立は難しかったので、それをなんなくやり遂げている当時の婦長は本当に素晴らしいと今でも尊敬しています。

老害ナース


収入が安定しないなら転職して別の病院考えるよね。

毎日、毎日不安患者の対応で事故を起こさないように気を配りながら働いているのに経営側がそのうちらの働きに見合った額を支給しないってどういうこと?

1、2年前にも組合と経営側でもめたときは二度とこういうことのないようにって約束したのにこれって、働き続けることに疑問しか湧かない。
一部の噂では退職金の積立もむこう何年か凍結するって話だし、あとで結局嫌気がさして辞めるなら、いま辞めるのがベストな気がする。

病院なんていくらでもあるし、それこそ転職サイトを使えば煩わしい日程調整もしてくれるらしいし、真剣に考える。

看護師によっても職場で価値観とか目指してる向きが違ったりするとなんでここで頑張ってるんだろうって自問自答したくなる。

やる気がある人とただ生計をたてるだけのために働いてる人は水と油で合うはずかないんだよね

看護師の仕事も正当に評価して欲しいっていつも思う。

仕事をきっちりやって、定時に終わらせる人とハナから定時に終わらせる気がなくてダラダラ働いて遅くまで残ってるひとが時間外勤務を請求して時間外の給与をもらうのは不公平だよ。
遅くまで残りたくないけどさ、定時であがれてるなら基本給をあげてほしい。

あとは上の人間なら下の人間にトップダウンするやり方は古いと思うんだよね。このご時世、時代に合わせて臨機応変に対応できる人材を育てるべきじゃないかなぁ。

看護職ばかりが現場を当たり前のように長くいるひとが牛耳るんじゃなくて一言ものもうせるように外部から新しい風を吹かせられるように働きかけてほしい。

 

いつまでも古い人間がその現場に居座ることは老害でしかないよ。

新しいこと、改革を起こしたくてもベテランが変える気なくてドシーンっと構えられたら太刀打ちできないよ。

看護師になったのはなんでだろうって原点に帰った結果、やっぱり患者さんのためだとか人の為にって気持ちがみんなにもきっとあるはずなんだよね。

転職サイトを使うときはある程度の給与とかも欲を言えばいまの病院よりも多くもらえるところが希望だけど、みんなで色々意見を上も下も関係なく実践できる職場の風土の方が重要かもしれない。

お金より大事なことってたくさんあるよ。
もちろん夢を語るだけではダメなのも理解してるつもり。

新人の頃はそりゃツラかった

i love this photo

中規模の病院に新人看護師として入職しました。同期は6人。他の部署は2人ずつ配属される中、私は1人で循環器内科、心臓血管外科への配属となりました。

循環器の急性期で有名な病院であるため、毎日がバタバタ。新人である私は、何も出来ないのに気持ちだけ焦って先輩に怒られる毎日が続きました。

想像以上にピリピリした雰囲気の中で、その日の目標と行動予定をチームの先輩全員の前でに発表。そのあとは先輩の後を追いながら、ケアの手順についてや検査の付き添い、内服薬や点滴の確認、新人看護師同士での注射の練習。その日の業務が終わってからは、その日の振り返りと、新しく出てきた薬や疾患の復習に追われ、睡眠不足が続きました。

環境に慣れることに時間がかかる私は、覚えるのにも時間がかかるし、ちょっとしたミスをしてしまうことが多く、先輩に怒られることが増えていきました。

自分では一生懸命頑張ってやっているつもりでしたが、先輩にとっては、要領は悪いしなかなか覚えられない、出来ない新人として扱われるようになりました。

他の病棟へ配属された同期たちは、毎日大変だけど、楽しい、と笑顔で話してくれるのですが、私にとっては毎日が地獄のようでした。転職も頭に過ぎりましたが、新人で何も出来ない状態で転職したところで、次に行ってもダメだろう…と自分を奮い立たせながら頑張っていました。

1年経ち、仕事にも慣れ、患者さんからもあなたでよかったわ。と言ってもらえることが増えて来ました。ベッドサイドで患者さんの悩みを聞いて、相談に乗ることも増えました。しかし、先輩にとっては、患者さんの話を聞きながら情報を取っている私のことが気に入らなかったようで、そんなことしてる間があったら、他の仕事をもっと効率よく出来るようになりなさい。と怒られたり、仕事が出来ないくせに患者さんのところで油売って。と言われることもありました。

その頃からPMSが酷くなりだし、また緊張とストレスから、チームの申し送り時に立っているとめまいがしたり吐き気をもよおすようになりました。ひどい時には耳が遠くなり、眼前暗黒感に陥り、意識を失うこともありました。ストレスからくる、突発性難聴で、メニエールになりかけていると診断されました。
職場へ向かう車の中でいつも、このまま事故になったりしたら仕事に行かなくて済むかもしれない。と思うようになり、精神的に限界が来ていました。

転職しようか、と思うこともありましたが、病院内での異動があり少し落ち着くことが出来ました。
精神的に追い詰められ、しんどい思いもしましたがすごく勉強になりました。

訪問入浴バイトで稼ぐ!

 

great photo.

 

そうそう、世間的にもそろそろお花見のシーズン。
アルコールを飲むとついつい楽しくなってしまうし盛り上がるよね。

アルコールは百薬の長って言われるだけあって飲みすぎなければ良い。 血液の循環をよくしてくれるし、アルコールの作用で心臓の拍出も増える。

ところが飲みすぎると利尿作用もビールとかはあるし、尿として体外に排泄されるとこれまた血液の粘性が助長されるからほどほどにしたいよね。
うん、それに飲みすぎたあとのやっちまった感は味わいたくない。

今年の健康診断は採血もなんの異常もなくてなにより。 最近あんまり走ってなかったんだけど、結構歩くようにしてたからかな? 自分のメッツがどれくらいかCPXかけてみたいね。

循環器の病棟はそういうことやってるみたいだけど、学生の頃に習ったよね。心臓リハビリテーションとかいうの。
もう忘れちゃったし循環器は苦手だから覚えられないけど、テレビとかで芸能人が人間ドックとか受けてるのいいなって思う。

健康診断受けるだけでお金もらってんじゃないのかな。よくわかんないけど。 なんかないものねだりじゃないけど、もう少し給料もらいたいな。

i love this picture

お金なんて、いや人間の欲なんて際限ないけどたまには贅沢してみたい。
旅行とか行ってみたいけど休みとかお金の事情で我慢せずに色んなことやったり行ってみたい。

飲み会も旅行もどっちにしろ必要なのはお金。訪問入浴バイトとかで手っ取り早く稼がないとなんにも好きなことができないよね。月2回でもぜんぜん違うもん。

もっともっと働けってことか。
労働はしんどいけど、仕方ないかなぁ。

ところで、仕方がないといえば、仕方がないけど、寒いと救急車が多い気がするのは気のせいだろうか? 寒くなると血管系の病気で運ばれてくる人が多いよね。

室内と屋外の温度差によって血管が収縮することで血液の流れが悪くなることで起きるけど、健康な人でさえ冬の寒空のした歩いてると冷たくなるし痛くなるし、高齢の人とか元々血液がドロドロするような病気を抱えている人は気をつけなきゃいけないよね。

タバコを吸う人はもはや自殺行為といっても過言ではないと思う。
タバコの成分が血管を細くするんだし、糖尿病の人は血液ドロドロだし、ロシアンルーレットみたいなものだよ。